8/30「声の地図を作る第4章 家族を大事に!」@横浜ご報告

なんということでしょう。
8月の横浜レッスンから1ヶ月以上経ってしまいました。
 
 
5回目の横浜レッスンが開催されました。
それは8月30日のことでした。
 
この日は、
いつもの「序章」、
それから「第4章 家族を大事に!」、
課外活動として、優しい中華「桃桃茶寮」で晩ご飯。
(わざわざ電車に乗って一駅隣の綱島駅から10分歩く)
の3本立てでした。

(今更ですけど、なんで私はこのシリーズを章立てで始めたんでしょうね。「基礎編」「応用編」でええやん。)
  
 
まずは「序章」。
初参加の方と、再受講の方が半分ずつの5名様でスタート。
衝撃的だったのが、ツイッターで拡散された、「袴ズボン」動画から、
ツイッターの投稿を辿って、ご参加に至った方。
声の活動とは全く別の趣味の投稿だと思ってましたが、なんでも発信してみるものですね。
その方も心地よさそうなお洋服をお召しで、しばし「楽な着物」談義になりました。
 
 
さて。
序章では毎回、2時間かけて声のしくみ解説と、
本来みんなが持ってるけど、知らない声を出して遊びます。
 
 

 
初めての方は恐る恐る、変な( ´∀`)声を出しておられましたが、
ワークを一つ終えるたびに「さっきより楽に出せる」とおっしゃっておられました。
 
終わる頃には、
「今まで『歌は絶対嫌』と思っていたけど、カラオケに行ってみようと思った」
とまで!
 
「カラオケに行けるのが良いこと」
というわけではないですが(私もカラオケそんなに好きじゃない)、
嫌い、苦手、と思っていたものが、
「実は私にもできるかも」
に転換できるのはサイコーに楽しいですね。
 
 
 
後半は、「第4章 家族を大事に!」
 
これまでの声地図シリーズでの、
地図を広げまくり、出せる声を思いっきり拡大して
「声のポテンシャルアゲアゲ↑↑」なレッスンから離れてみます。
 
大きい部屋でのスピーチなら遠くまで届く声。
小さい部屋での対話なら近くの人に届く声。
みんなが穏やかに話しているなら、柔らかい空気に寄り添う声。
 
相手の言葉を壊さない、かといって相手を無視しない。
「目の前の相手」との関係に必要な声を必要な分だけ出すことを目指します。
 
広い地図はやんぴで、自宅を深める!
だから「家族を大事に!」
(だいぶ飛躍しているが)
 
 
課題曲は「夕焼け小焼け」。
 
を歌う前に、まずは人との距離感を感じる練習から。
 

 
手の甲を合わせたまま、相手の動きについていきます。
押しすぎたりも、逆に離れすぎたりもせず、
皮膚一枚が触れ合っているだけの状態でぴったりくっついていきます。
 
押しすぎてる時も、離れすぎてる時も、
どちらも相手の動きを感じられていないゆうことです。
 
こうして、相手の手から圧迫感や、スカスカ感を感じながら動くことで、
肌感覚で相手との距離感や、気配を感じてみます。
 
 
ほいでから「夕焼け小焼け」を歌うと、
自分が声を出しすぎてる時や、他の人とずれてる時にも肌感覚で気付き、
ついて行けるようになっていきます。
 
「人の声を聞く・合わす」のが難しい方も、
何度も繰り返すたびに、
ズレに気付き、声を調整するスピードが早くなっておられました。
 
その後に、
誰か一人が自由に抑揚をつけて歌って、それに他の人がついて行ったり、
カノンにして先に歌ったパートの動きについていったり、
と複雑にしていきましたが、
みんなが他の人の声に耳をすましていて、
とても親密な空気感でした。
「こういう抑揚つけますよー」とあらかじめお約束している「予定調和」では出ない親密感です。
 
 
相手の動きを感じるために視覚に頼ってしまうので、最後は背中あわせで。
 
 
これはただ親密でハッピーなだけでなくて、
皮膚感覚でズレがわかるので「頑張って意識」しなくてよくなるのと、
その場に必要なものを必要な分だけ出せるようになるので
発声の労力も減らせます。
 
 
参加者さんから、
「つい家族に声を荒げてしまうけど、こういう風に話すと伝わり方が違う。大事なこと。」
という感想もいただき、
3段階くらい飛躍させたタイトルの「家族」が、
ちゃんと繋がったのが、しめしめ、と思いました。😆
 
 
 
 
中学から始めた合唱では、
「相手の声を聞いて」「合わせて」とよく指示がありましたが、
頭では意味がわかりつつも、
「めっちゃがんばって聞いてるのに、何が違うの?」と思っていました。
 
それが。
合気道に入門してから初めての稽古で、
 
「腕を取られてからじゃ遅すぎる、かといって早すぎてもいけない」
 
と師範がおっしゃっておられたのを聞いて、
 
「それ音楽と一緒や〜〜〜」
 
と思ってから、
合気道の稽古を通して、
「合わせる」感覚を模索してきました。
 
早すぎても遅すぎてもいけない。
強すぎても弱すぎてもいけない。
 
これは声を扱う上で、「ええ声」よりもずっと大事なことだと思っています。
 
合気道、楽しいですよ。

感情は体の状態そのもの。

※あやしいはなし。
 
体を整えることで声に感情を乗せられるようになった。
とこれまで話していたけれども、
でも「乗”せる”」って、操作してるみたいなのがなんか体感と違うな?と思っていて。
 
「体が表現の邪魔をしないようにする。」
「感情を体で表せられるために、体が動けるようにしておく。」
というのはもちろん正しいのだけど、それだけだと足りない。
 
「心と体はつながっている」とはよく言えど、
感情表現するために、体を、操作する「道具」として使ったり、
ただ、お互いに影響されたりするような、
別々のところにあるものが、橋渡しされて繋がってるわけではない。
 
感情は体の状態そのもの。
と、先日の東京でレッスンを受けていて気づいた。
 
体と感情は同調して、同時に現れるもの。
その場・その瞬間の状況に応じて、体の進むべき方向性を見つけていくけれども、
体の方向性と同時に、現れるべき感情が自ずと現れる。
「必然的な表現」って、これのことなんかな?
 
こうして、体と感情がひとくくりになった状態を感じられていると、
「腕をこう動かそう」「こう表現しよう」みたいな部分的な認識ではなく、
存在すべてを、まるまるそのまま味わうことができる。
 
自分の感情にも、身体感覚にも、リアリティがある。
 
頭が先走ってる表面的な怒りや喜びとは違う。
私の中にはこんなに感情が沸き立っていたんだ、と初めて気付いた。
 
自分の動き方も、人の見え方も、距離感の感じ方も、全部変わる。
 
体が「扱う」ものではなくなる。
 
 
ただ、今の所、自分の中ではこうやけど、
だからって「表現力のある人」にカテゴリが移ったわけではないし、
歌う時みたいに、その場に存在しない作品の中の感情を、
第三者に伝わらせるためにはどう変わってくるかまた試行錯誤が必要なのと、
 
合気道の時の「気持ちを透明に」は何をしていて何が違うんやろう、というのも検証したい。

【追記:個人レッスンも!】8/31(土)横浜レッスン第5弾のお知らせ

★★追記★★
個人レッスンのご依頼があり、前日入りすることになりました。
つきまして、他にもご希望の方がいらっしゃいましたら、
個人レッスン承ります!
 
8月30日(金)16時00分〜21時00分
8月31日(土)10時00分〜12時00分
 
この時間で、東京〜横浜の間で、どこかスタジオかカラオケボックスかで行います。
お申し込み後にちょうどいいとこ探してご案内します。
 
【レッスン料金】
 1時間7,000円(場所代込み)
 
【お申し込み方法】
 ①お名前
 ②メールアドレス
 ③お電話番号
 ④ご希望の日時
 ⑤お困りごと
を明記の上、namovoice76★gmail.com(★を@に変えてください)にご送信ください。
 
 
「この曲の、この部分だけ、うまく声がでない!」
「講座じゃ細かいところがわからない!」
などなど、ピンポイントでお悩みのある方、人に声を聞かれたくない方、ぜひどんぞ〜。
 
 
==============
 
 
ようやく梅雨が明けました!
横浜レッスン第5弾もリリースです!
今回は今までとまた趣向が違います。晩ご飯もぜひご一緒に。
 
 















 
 
 
【日程】2019831日(土)
【場所】港北公会堂 会議室2
   (東急東横線「大倉山駅」 徒歩約 7 分/横浜市港北区大豆戸町 26-1 http://kohoku-kokaido.jp
【各定員】15
【受講料】各回 3500円(事前振込)
 

①「声の地図を作る~序章~」 

 
時間 : 1330分~1530
 ★2回目以降の方の再受講 1000円★
 
「声地図」シリーズが初の方はまずはこちらからご受講ください。
 
まずは最初の基礎編です。
オペラのような深い声、ガテン親父のようなドス声、漫画で魔女が出してそうなひょうきんな声。もちろん、いつものワタシの声。
どんな声も栄養になります。
普段出さないような知らない声・嫌いな声をも使ってみることで、声の健康を保ちつつ、自分が出したい声をより自由に出すことができます。
こんな声が眠ってたのか~!という驚きと共に、ご自身の声の可能性を、ぜひ知ってください。
 
 
 

②第4章「家族を大事に!」

 
時間 : 16時00分~18時00分
 
これまでの「声の地図を作る」シリーズでは、
地図を広げていくように、知らない声を開拓し、
あっちの声に、こっちの声と、自由に行き来できるようにして、
 
ポテンシャルアゲアゲ↑↑
 
という感じでしたが、
まーそれはほどほどにしておいて、
次は、広げるのでなく、身近な声に耳をすませてみましょう!
 
 
声の能力UP↑というと、声が大きくなることが善とされます。
 
でも、
「この小さい部屋でそのでかい声いらんやろ~」
という人、いませんか?
 
あるいは、歌うみなさん、
「一緒に歌たら、わしの声全部消されてしまうやん」
という人、心当たりありませんか?
 
 
大きいことはいいことだ!
でも、声は相手あってのものです。
 
今回は、自分の声はしっかり出しつつも、
相手の声を感じ、
相手の声を殺さず、
かといって自分も殺さず、
相手の声についていき、
相手の声に同調する声あそびをします。
 
 
★★課題曲 : 童謡「夕焼小焼」★★
歌は声にとって良いリトマス試験紙です。
「夕焼小焼」を軸に進めていきますので、1番の歌詞は覚えてきてくださいね!
 
※なお、「ゆうやけこやけの赤とんぼ♪」は、山田耕筰  作曲の「赤とんぼ」です。
「ゆうやけこやけで日が暮れて♪」の方です。
ニッポンの名優、渥美清と増永いく子ちゃんをご参考にされてください。
(別に真似しなくていいです)
 
===参考動画===
『夕焼小焼』渥美清・増永いく子
 
 
 

③課外活動 晩ご飯

  
予算 : 3000円程度 
 
会場のある大倉山から一駅、綱島駅で降りて10分ほど歩いて、
「おきらく厨房 桃桃茶寮 https://taotao-c.com」で晩ご飯食べましょ°˖◝()◜☆˖°
化学調味料不使用、安心食材、五臓六腑にしみわたる中華料理でシメです。
 
 
 
講師:有田亜希子(声楽家・ボイストレーナー)https://namo-voice.blogspot.com
 
 
~~~~~~~~~
《キャンセルについて》
やむを得ない事情で、キャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。
また、講座準備費用として、下記の通りキャンセル料を頂戴いたしますことをご了承ください。
3日前0時以降のキャンセル 受講料の50%
2日前18時以降のキャンセル 受講料の100%