\2020年10月から、京都でレッスン始めます/

詳しくはこちら↓






「自分の声」について、どんな印象がありますか?
 
ぼそぼそしてる。
深い声で喋りたい。
好き。
嫌い。。。。
 
でも、そのように評価している声は、ご自身の声の在り方のごく一部です。
 
いつも足を組んじゃう。
いつも右足に体重をかけて立っちゃう。
 
といった体の癖があるのと同じように、「私の声はこんな声」と思っているのも、
声の「いつも」の癖の表れです。
 
「いつも」とは違う声を出してみることで、
「いつも」の癖を離れ、今まで知らなかった声の可能性を知り、
使いこなしていくことができます。
  
オペラのような深い声、
ガテン親父のようなドス声、
魔女が出してそうなひょうきんな声。
もちろん、いつものワタシの声。
 
自分で思ってるよりも、喉にはたくさんの声が眠っています。
そして、色んな声を拓いていくことが、
思いを声で自由に表現していくための栄養になります。
 
「正しい声」や「間違った声」はありません。
 
みなさんの生活や、表現の場。
あるいは やりたい音楽。
あるいは 相手との関係、距離。
 
それぞれで適切な声は変わってくるはずです。
みなさんが、誰とどのように関わって、どんな声を届けたいのか。
そこから、ご自身の声との付き合い方をご提案します。
 
声が特別に商売道具ではない人も、ほとんどの人が声を使って生活をしています。
「おはよう」で朝を迎え、
「お願い」や「ありがとう」を伝えながら過ごし、
「おやすみなさい」で一日が終わる。
といった毎日の繰り返しの中で、
声がみなさんの日々の生活の味方になってくれるように、
お手伝いをさせてください。